• 家族 全曲解説

  • 1. 家族

    われわれの時代が失ったものをとりもどすときがきた。

    身近すぎて目を背けてきた家族の愛に気づくには勇気がいる。

    大切な絆を断ち切ったのも君なら、もう一度結びなおすことができるも君しかいない。

    「ありがとう」と恥ずかしくて言えないのなら、この歌を聞かせてあげよう。きっと親も君と同じ気持ちなんだ。

    君を愛したくて、君から愛されたくて、たまらないんだよ。この歌を聴けば君が変わる、家族が変わる、世界が変わる、時代が変わる。

    どしゃ降りの雨に打たれながら、書いた歌。

    「世界中の悲しみなんて僕には背負えないから、ただ君のまつげがぬれないように祈る」。

    もし世界を変えたいのなら、革命や政治運動なんかやらなくていい。となりの人に笑顔をむける。

    それこそが世界を変える唯一の方法だ。地球を救うより、愛する人を救え!

     

    3. たったひとつの命

    亡くなった父にむけて書いた歌だが、去っていった恋人に贈る歌でもある。

    大切な人を失ってはじめて、人は本当の愛に気づくんだ。どんな無様な毎日を送っていようと、君のままでいい。

    何度生まれ変わろうと、君が君であるのは今回限りだ。世界でたったひとつのかけがいのない命なんだ。

  • 4. 背中

    ニューヨークで父の急死を知ったとき、帰国の飛行機のなかで書いた詩(「神の肉テオナナカトル」P276)がもとになっている。

    親との葛藤は誰しもが抱えているだろう。

    しかしその葛藤から学ぶために、オレたちは自分の両親を選んで生まれてきたんだ。

    親が子を選ぶのではなく、子が親を選ぶ。

    親を許すことは、とりもなおさず自分を許すことだから。

    幸せの青い鳥を求めて、オレは70カ国を旅してきた。

    しかし青い鳥はずっとオレの胸の中にいたことに気づいたとき、この歌が降ってきた。

    「幸せになる」のではなく、「幸せだったことに気づく」とき、君は本当の君自身に出会うだろう。

    青い鳥の名は「愛」、または「神様」、「ハイヤーセルフ」とか、「グレーターセルフ」と呼んでもいい。

    とにかくずっと君だけを見守り、導いてきたもうひとりの君自身だ。

    大切なものはカタチがない。

    風や光、やさしさや勇気、なかでももっとも大切な愛も見えない。

    しかしじつは愛のカタチがあるんです。

    それは……君だ。

    すべての命が愛のカタチだと気づいたとき、世界はまばゆいほどの輝きをもって立ち現れてくる。

  • 仏教史3000年をひっくり返すほど危険な歌であり、じつはブッダ本人が伝えたかった本質はこの歌に凝縮されている。

    歌詞を読めば読むほど、その奥深さに引きずり込まれるだろう。君もブッダであり、時代を愛によって産み落とすのも君なんだ。

     

    8. シャンティー

    ヒンドゥー語で「シャンティー」とは、平和なとか、静かな意味。

    死後の世界を発見したエリザベス・キューブラー・ロス博士(「死ぬ瞬間」)が末期がん患者のために開いたホスピスが「シャンティー・ニラヤ」(安らかな家)という。

    一見ラブソングにも聞こえるが、ぼくらが最後に帰る家はあの世の光の世界である。

  • 9. 絆

    身近な人が亡くなるのは大きな悲しみである。

    しかし死者の本当に伝えたかったメッセージをいつまでも悲しみに酔って聞き逃してはならない。

    彼らが命までかけて教えてくれたものは、「分かち合うこと、助け合うこと、愛し合うこと」だから。

    家族や友人を亡くした人のためにつくった歌であり、この歌を聴いてたくさんの人が悲しみから抜け出すのを見てきた。

    だいじょうぶ、死者はいつでもそばにいて愛する生者を守ってくれる。

     

    10. Life is beautiful

    母は足を引きずって歩き、父の暴力に別居し、祖父を介護し、ガンが胃、脳、肺に転移して死んだ。

    苦労の耐えない人生だったが、「それでも生きることは美しいんだよ、思い通りにならないからこそ、この世界は生きるに値するんだよ」オレが母から教わった究極の学びがこの歌だ。

    アメリカに住んだ5年間でインディアンのところばかりいっていた。

    さまざまな長老たちがいろんな知恵を授けてくれた。

    今度はその知恵をオレがみんなと分かち合う番だ。

    「おまえが生まれるとき、世界は笑い、おまえは泣く。

    おまえが死ぬとき、世界は泣き、おまえは笑う」。

    そうしてオレたちはくりかえし生まれ変わり、もがき苦しみながらも命の意味を学んでいく。

  • 家族

    2008年6月リリース。11曲。2500円。